大事な陶器肌を

箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を然るべき所に処分したいと思いはするのですが、それぞれに思い出もある陶器肌を作る下地なので、処分しないまま月日が経ちました。

でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。

内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

買取実例を見ると結構高額で、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、大事にしていたの処分も安心して頼めると思いました。

処分するならこういうところにお願いしたいですね。

先日のことですが、祖母の遺品である陶器肌を陶器肌を作る下地買取専門のお店に持って行きました。

今後、私たちが陶器肌を作る下地を着る機会は少なくこのまま日の目を見る機会がないのも祖母の本意ではないでしょうし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

いわゆる作家もののはなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、着る機会は限られ、その後は仕立て直さないと着られません。

着る時期を過ぎ、譲るあてもなければ、売却を考えるのも次に着る人に上手く引き継ぐ手段といえます。

買取価格は、元々の価値と保管状態により、一枚数千円のこともありますが、生地と仕立てが良く、良い状態で保管されていれば数万円になることもあります。

女子の人生では大事な陶器肌を作る下地でしょうから、まず、見積だけでも出してもらって、何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。

購入はこちら⇒陶器肌を作る下地